株リッチプロジェクト

株リッチプロジェクトの低位株売買では87銘柄をもとに進めていくますが、どのような銘柄があるのか?ネタバレ注意で解説していきます。
MENU

株リッチプロジェクトの低位株売買は87銘柄!?

株リッチプロジェクトの低位株売買は87銘柄!?

 

株リッチプロジェクトの低位株売買では株リッチプロジェクトでは低位株売買戦略マップと呼ばれる銘柄リストが入っていて、この中の銘柄が87種類あります。これらは志垣英昭さんが長年の投資生活から割り出した経験に基づいた銘柄リストなので、かなりの確率で上昇する期待ができます。

 

株リッチプロジェクトは定期預金などとは違って、元本保証がありません。株の初心者は、危険をしっかりと認識して用心深く投資を行なう必要があります。

 

 

私はアベノミクスという言葉で興味を持ち、経験のないまま、株への投資を始めたばかりの初心者です。

 

初めはまったく利益が上がらず、損失でヒーヒー言っていたのですが、現在は経済が良くなったのか、私の技能がよくなったのか得をするようになれました。私は好きな製造業者やブランドの株を保有しています。配当が年に一回出るのですが、その配当で出たお金だけでなく優待でその他のものがもらえるのが利点です。特に好きな会社からもらえると、もっともっと頑張ってほしいなあという思いになります。
株式について書かれた本を何冊も読み込んだ上で、株リッチプロジェクトの初心者が投資をする場合、スイングトレードと命名された投資法を選ぶ人も大勢いるでしょう。

 

スイングトレードは上手に取引できれば大聴く儲けることができるので、とても人気がある株式の株リッチです。言うまでもないことですが、いつでも儲かる訳ではないでしょうから、損してしまうケースもあります。株リッチプロジェクトを行なう人のほとんどは投資した株をどの時期に売り抜けるかということに迷いに迷うかも知れません。

 

 

でも、最も高いところで株式を売り抜くということはすさまじく難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの精神で売り抜けることができたらいいと思います。

 

株を始めたばかりの者は買い方が難しいでしょう。証券会社の社員から具体的な目安を教えてもらったり、株リッチプロジェクトに慣れている知り合いに話を聞いて貰うなどして、数式の買い方を指導して貰うと良いでしょう。また、デモトレードを使用して、修練してみるのもいいでしょう。

 

投資の初心者が株式投資をスタートしたいと考えたときは、なるべくリスクが少ない資産運用の方法を選択する必要があります。最初から個別の株を売買するよりも、最初のうちは投資信託などから取引した方がよいかも知れません。その後、ちょっと理解できるようになってから実際に株式の売買を行なうといいしょうね。私はつい最近、株リッチプロジェクトを始めたばかりの新米です。株式を買って、ある水準まで儲かったら、いち早く売るべきなのか、それとも、長く保有した方が利益になるのかがわからなくて、未だに苦慮しています。長い間、保有していると、優待などもありますし、悩ましい部分です。株の初心者の方が不得手なのは、ずばり損切りなのです。上がるとついつい思い、手放さない事が多いのです。または、損することを怖れて、さらに損失を広げてしまうケースがありますね。

 

絶対とか百パーセントということなどないので、損失を最小限で済ませるという事も株投資においては、とても大事な事です。

 

初めて株を売買する人でも利益を出せる効果的な方法は、焦って行動しないことです。

 

 

 

気になっていた銘柄が高い価格になっているからというので慌てて買い付けすると大概は高値掴みということになります。どうして高騰しているのだろうか、銘柄に不釣り合いなほどの高値になっているのではないかと株を買い付ける前にいったん頭を冷やして分析しましょう。自分が持っている株がここ最近、とくに上がり下がりが激しいので、儲かりそうな株の銘柄、下がりそうな株の銘柄を自分の目で判断をし、売り買いをしたりしています。

 

まれに失敗して、損になることもありますが、現在のところはなんとか収支がプラスになっています。プラスのまま売り抜けられたらありがたいです。どのくらい上下するのかを時系列で整理するものとしてチャートを活用する投資家はけっこう多いものです。

 

 

このページの先頭へ